離婚に関する基礎知識

離婚の種類

一口に「離婚」と言いますが、ここでは、主に「協議による離婚」、「調停による離婚」、「裁判による離婚」の3つの種類についてご説明いたします。

  • 協議離婚について
  • 調停離婚について
  • 裁判離婚について
  • その他の離婚について

協議離婚の流れ

協議離婚をする場合には、次のような手順を踏まれるのが良いでしょう。
下の図の協議離婚の流れをクリックすると詳細情報がご覧になれます。

  • ①離婚の意思を伝える
  • ②離婚の条件を提示する
  • ③離婚についての合意をする
  • ④離婚届を提出する

調停離婚の流れ

調停離婚を目指す場合の手順は、次のようになります。
下の図の調停離婚の流れをクリックすると詳細情報がご覧になれます。

  • ①調停の申立てについて
  • ②調停の進め方について
  • ③調停成立の効果について
  • ④調停が不成立に終わった場合

詳細を見る

裁判離婚の流れ

調停が不成立に終わり、さらに離婚を望む場合には、家庭裁判所に離婚訴訟を提起する他ありません。離婚訴訟の手続きの流れは、一般的な訴訟の流れと同じです。

詳細を見る

親権について

親権者についても、他の離婚の際の取り決めごとと同様、当事者間での驚異、または家庭裁判所の調停で決まらなければ、家庭裁判所の審判もしくは裁判で決められます。

詳細を見る

財産分与について

財産分与とは、結婚期間中に夫婦が協力して築いてきた「共有財産」を離婚に際して夫婦それぞれで分けることをいいます。

慰謝料について

離婚の歳の慰謝料請求とは、離婚の原因となった有責行為や離婚で受けた精神的苦痛に関して、苦痛を受けた夫婦の一方が他方に対して求める損害賠償請求権です。

  • ①離婚原因を招いた有責性・背信性の程度
  • ②苦痛の程度

年金分割について

年金事務所(以前の社会保険事務所)では、離婚を考えている夫婦の双方、もしくは一方からの請求により、離婚時の年金分割の情報提供を行っています。

  • ①年金分割の対象
  • ②妻も年金受給資格を持っていること
  • ③平成20年3月31日以前の婚姻期間について
  • ④平成20年4月1日以降の婚姻期間について

詳細を見る

離婚後の戸籍と氏について

夫婦が離婚すると、結婚のときに姓を変えた者が、原則として結婚前の姓に戻ることになります(民法767条1項)。